12月27日発表【平成30年度(第73回)文化庁芸術祭 優秀賞】受賞!!

優れた芸術活動を表彰する【平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞 優秀賞】を

11月8日に行いました「片岡リサ 20周年記念 箏リサイタル」の成果により、

受賞いたしましたことを、謹んでご報告申し上げます。

これもひとえにみなさまの温かいご支援の賜物と、心から感謝申し上げます。

《受賞理由》

「箏独奏曲の変遷」を副題に、古曲1曲、宮城作品2曲、現代作品2曲を選曲し、

異なる音楽様式を的確に弾き分け、歌い分けた高度なテクニックと芸術性は、

観客を魅了した。全曲を十三絃箏で演奏し、学究にも裏付けられた優れた解釈

力は、楽器の特徴を熟知したしなやかさと、緻密な構成感の両面を兼ね備えた

希有な演奏であった。

20周年の節目にこのような素晴らしい評価をいただき、大変嬉しく思っており

ます。この名誉ある受賞を励みにこれからも精進してまいりますので、今後と

も片岡リサを応援のほどよろしくお願い申し上げます。

(スタッフより)

片岡 リサ

大阪音楽大学卒業、大阪大学大学院修了。幼少より箏・三絃を始め、多数の賞を受賞。皇太子殿下・秋篠宮殿下御前演奏をはじめ、平成13年度文化庁芸術祭新人賞・平成30年度文化庁芸術祭優秀賞・第21回出光賞を受賞、「歌」にも定評があり国内外を問わず活躍中。大阪音楽大学特任准教授。

0コメント

  • 1000 / 1000